南アフリカから世界に広まった落花生

南アフリカから世界に広まった落花生

南アフリカから世界に広まった落花生

落花生はラッカセイ属に分類されるマメ科の一年草で、ピーナッツと呼ばれることも多いです。
また、異人豆や唐人豆といった別名も存在します。
最大の特徴は受粉した後に花が地面に潜り込んで地中で実を付けることであり、これが落花生という名の由来です。
原産地は南アメリカで、紀元前850年頃のペルーにある遺跡から発見されたものが最古の出土品です。
16世紀になると南アメリカ以外にも広まっていき、日本には江戸時代に持ち込まれました。
ただし、現在日本で食用として多く栽培されているものはこれよりも後の明治時代になってから持ち込まれた品種です。
最も生産量が多いのは中国で、その量は1400万トン以上と世界の生産量の4割にも達します。
日本では年間1万トン以上が生産されており、そのうちの4分の3ほどが千葉県で生産されています。
最も生産量が多い自治体は千葉県の中央部に位置する八街市です。
また、国内生産量を上回る9万トン以上が国外から輸入されており、日本で市販されているものの大半が外国産です。
特に中国産の大粒の品種が多く輸入されています。
落花生の実には殻があり、この部分は食べません。
加工前に取り除く場合もありますし、加工後に取り除く場合もあります。

美容と健康に!落花生の驚きの効果

落花生は、花が地面に垂れ下がることで地面に実を作るため、「花が落ちて実が生まれる」ことからその名が付きました。
ちなみに、外を囲う硬い皮と薄皮を剥がしたものがピーナッツです。
現在は、その多くが千葉県で栽培されています。
この落花生は、とても栄養価が高い食べ物として知られていて、それらの栄養素の中には美容効果に利くといわれているものもあります。
あらゆるビタミンの中でも、特に抗酸化作用が強いビタミンEを多く含んでいるため、皮膚の老化防止によいとされています。
また、タンパク質も多く含まれていて、タンパク質を作るアミノ酸に含まれているアルギニンの効果で、血行を良くし、老廃物の流れをよくすることで肌が若々しくなるという効果も見込まれます。
成分の半分が脂質ですが、その脂質には、オレイン酸やリノール酸が多く含まれているため、オレイン酸が持つ、皮膚をやわらかくする効果や保湿効果、そして、リノール酸の美白効果で、肌を美しく見せてくれます。
これらの栄養素のほか、ミネラルやその他のビタミンなど多くの栄養を含み、美容効果だけではなく、生活習慣病の予防に、便秘解消に、記憶力の上昇に、そして元気の源にいい効果をもたらす、魅力的な食べ物が落花生です。

Valuable information

ISO内部監査

カラコン ブラック

2017/8/10 更新

『落花生』 最新ツイート

@kiyo88731

早く歯医者に行きたい… 物が食べにくい… 奥歯治療中やから余計に… 左も弱ってるから固いもの食べれん! 落花生でやっとこさ… #LINEPLAY https://t.co/MV4pEPuyrv https://t.co/ece6DhnkkR

2分前 - 2017年08月22日


@akao_galletto

世界中で移民問題発生してますが、千葉に住んでて茹で落花生食わないやつは、アレルギーか移民

3分前 - 2017年08月22日


@yurie_resin

@Nagomi_an753 落花生、おいしいですよねー♡早く食べたいです(o^^o) 私も歯医者さん行って、親知らず抜かなきゃ💦笑 怖い怖い😭

6分前 - 2017年08月22日